ごあいさつ

サンライズジャパン病院は8年間の医療支援活動、準備期間を経て、2016年10月にプノンペンにて開院を迎える事になりました。 私たちは、医療において最も大切な事は「心」だと考えています。日本から高度な機器や技術を導入するだけでなく、丁寧に説明を行い、患者様やそのご家族に寄り添った医療を提供して参ります。 「信頼できる医療」をお届けし、皆様のひとりひとりから「世界一信頼される病院」と思われ続ける病院であり続けたいと思います。

院長 林 祥史  (Hayashi Yoshifumi)

 

サンライズジャパン病院は、カンボジア国内で、いつでも高度な医療サービスが受けられる場を提供し、当地の医療インフラの発展に寄与することで、カンボジアに暮らす皆様の健康な生活の一助になりたいという願いのもと開院しました。常駐している日本人医師や医療スタッフと共に、現地スタッフも理想の医療を追求するため日々研鑽し、医療現場の最前線としての責任感と誇りを持って活躍しております。当院は今後も、当地で求められる医療サービスを提供し続けることで、地域の一員として共に成長し、貢献してまいります。


CEO 鎌田圭也(Kamata Keiya)

病院情報

Sunrise Japan Hospitalは2016年に開院しました。日本の医師看護師やその他の医療専門家と十分なトレーニングを積んだカンボジアの医療スタッフと協力しながら高水準の医療サービスを提供するシステムを確立していきます。

名称 Sunrise Japan Penh
所在地 #177E, Kola Loum Street (the Bay Road), Group 2, Phum 2, Sangkat Chroy Changvar, Khan Chroy Changvar, Phnom Penh, Cambodia
連絡先

病院情報/予約関連: 023-260-152 または 085-432-022
救急(24時間): 023-260-151 または 085-432-011

メール: info@sunrise-hs.com

Webサイト: http://www.sunrise-hs.com

Facebook : https://www.facebook.com/sunrise.jhpp/

最高経営責任者 鎌田 圭也
院長 林 祥史
病床数 50床
診療科

14科

救命救急科 / 外傷外科 / 感染症科 / 総合内科 / 一般外科 / 消火器科  /

循環器内科 / 遠隔コンサルテーション / 脳神経外科 / 脳血管内治療科 /

神経内科 / リハビリテーション科 / 健康診断  /  小児科

沿革

 

2009.Apr

東アジア・アセアン経済研究センター (ERIA)調査実施

2011.Apr

日本国経済産業省(METI)調査開始

2013.May

シハモニ国王に謁見

2013.Nov

市民公開講座開催 安倍晋三 首相 ご臨席

 

2014.Apr

カンボジア商務省に Sunrise Healthcare Service Co.,Ltd の会社登記

福田俊彰 代表取締役に就任

2014.Sep

Sunrise Japan Hospital 起工式

2014.Oct

カンボジアでのスタッフ研修開始

2015.Jun

JICA融資契約締結

2015.May

JICA研修にて日本国内の病院でのカンボジア人スタッフ教育開始

2016.Aug

カンボジア保健省より病院許認可取得

2016.Sep 開院式 フンセン首相 ご臨席

2016.Oct

グランドオープン

2017.Mar

空港クリニック開始(現在閉鎖中)

2018.Jan

小児科(外来・入院・手術)開設

 

2018.July

母乳外来開始

心理カウンセリング開始

 

2018.Dec

第1回目アプサラ学会開催 

腹腔鏡導入

 

2019.Apr

代表取締役交代 

鎌田圭也取締役 代表取締役に就任

会員情報

 

サンライズジャパン病院では皆様が病院をご利用しやすいように会員制度を設けています。ご希望によって、プランを選択できます。会員の方には、健康増進を目指した定期的なセミナーへのご参加の機会、また健診のクーポンなどを提供致しますので、ぜひご利用ください。

会員プラン

 

Membership Course

  Bronze Silver Gold
健康診断 パッケージ ベーシック コース  
詳細検査    
医療費の割引 10% OFF    
20% OFF    
看護師による電話相談  
ヘルスセミナー
登録費

$10

$10

$10

年会費

$10

$120

$320

メンバーシップ申込方法

 

[お電話でのお問い合わせ]
または 085-432-022  

[Emailでのお問い合わせ]
こちらのフォームよりお申し込みください。

プロジェクト

 

AKAHIGE

 

カンボジアでは、必要最低限の生活水準を維持するために必要な収入を示す「絶対的貧困ライン」を下まわる方の割合が 農村部で17%、都市部(プノンペンを除く)で13%、プノンペンで3%と見積もられています(2004年) カンボジアでは、日本のような国民保険が普及していないために、医療費は全て自己負担となる方も少なくなく、十分な医療が受けられない方がまだ多くいます。そこで、私たちは全ての方に対して医療を提供することを目指し、「AKAHIGE」プロジェクトを行っています。 「AKAHIGE」は、治療に励む医師と患者の交流を通し、愛や生きることの美しさを描く黒沢映画の医師「赤ひげ」が語源となっています。

CSR活動

 

十分な医療が受けられない、十分な医療に関する教育が受けられない方に対して、地方訪問健診や保健活動を行い医療・医療知識の啓蒙活動を継続的に行っています。また、支払い能力がないと認められる方が救急搬送され、当院でしか行えない治療が必要だった場合は、治療費の補助を行います。

それ以外に、私達はカンボジアの医療者や医療関連学生の教育活動を積極的に行い、支援に頼らず自分たちで現地の医療を創り上げることを目指し、「施しだけの医療」「富裕層だけが十分な医療を受けられる」という現状から一歩越えた、新たな国際協力スキームを創造していきます。

私たちの紹介

私たちは脳神経外科を中心とした高水準の日本式医療サービスを提供する救命救急センターの設立・運営を行うとともに

①人材育成:  On-the-Job TrainingKitahara style certification教育機関設立を行いカンボジア国内での医療水準の向上やASEAN各地に必要とされる医療人材を育成していきます

②町おこし、国おこし: 「医療」をツールとして社会課題解決を促す地域産業モデルを形成し、カンボジア国内、新興国の経済発展に寄与します。

③日本医療のショールーム化:  日本の技術、産業、文化のショールーム化を行い、医療産業および医療周辺産業のパッケージ輸出を行います。

Sunrise Japan Hospitalを運営する株式会社 Sunrise Healthcare Serviceはカンボジア救命救急センターの設立・運営を目的に3つの日本企業が協力することで設立しました

①日揮株式会社: 1928年に設立された日本でトップのエンジニアリング会社です。 株式会社 Sunrise Healthcare Serviceに対しては過半数を出資し新病院の経営を行います

②株式会社INCJ (産業革新機構): 産業競争力強化法に基づき設立された官民出資の投資ファンドです。 株式会社 Sunrise Healthcare Serviceへの出資支援と新病院経営のサポートを行います

③株式会社Kitahara Medical Strategies International (KMSI): 日本でもトップクラスの脳卒中治療実績を持つ医療法人社団Kitahara Neurosurgical Instituteのグループ企業です 新病院では病院運営及び医療関連業務全般を担いますカンボジアスタッフの日本国内での教育に加え総勢30名の日本人スタッフを派遣し高機能・高品質な医療サービスを提供するとともに現地での人材育成を行います